セフレ探しで30代のエロい人妻と体の関係になれた

倦怠期で主人とのエッチに不満を持つ30歳の人妻とのセフレエッチ体験談。
今、私は、30歳の人妻とセフレがいます。

 

>>20代のセフレが欲しい30代男性

 

彼女とは、セフレ探しできる出会い系サイトで知り合いました。
出会い系サイトで写メコンテストをしていたので、それに応募した私の写メを見た彼女から『応募したよ。』とメールが来たことがきっかけで、メールのやり取りをした後、会い、そして、会った日にエッチをしたのです。
彼女は、結婚して5年目なのですが、今、倦怠期なんだそうです。
ご主人とは、月に1回ぐらいしかエッチをしていなくて、しかも、そのエッチも少しフェラをして、インサートして終わりというもので、結婚前のようなお互いの体を求め合うようなエッチとは雲泥の差なので、彼女、ご主人とのエッチに相当不満があるようなのです。
そのようなことをメールで書いていたので、会った時には、彼女は、ミニスカートをはいて、エッチモード全開の様相でした。
私も、今日、エッチするかもと思い、ゴムを用意していました。
喫茶店で少しだけ、話したら、彼女も私も早くエッチしたいことでまとまったので、喫茶店を出たら、すぐにタクシーを捕まえて、ラブホテル街へ。
彼女と会った時間は、ご主人に気づかれないようと平日のお昼でしたので、どのラブホテルも空き室でした。
部屋に入ると、彼女から、服を脱ぎ、キスをしてきました。
彼女の赤い口紅が私の口の周りにベットリ付くほどのキスで、シャツに付いてしまわないか心配するほどでした。
その後、彼女が、私の服を脱がせ、全裸にすると、私の勃起したペニスを見て、『主人より、大きい!!』と言って、咥えたのです。
彼女のフェラは、ねっとり系で、口の中にペニスを含んだまま、舌で竿の部分を舐めまわしてくれたのが、とても気持ち良かったです。
このままフェラを続けると、出そうになったので、彼女を立たせ、キスをして、彼女の服を全部脱がし、全裸にすると、ベッドまで連れて行き、彼女を四つん這いにして、お〇んこを舐めたのです。
彼女のお○んこは、30歳としては、とても綺麗なピンク色をしていて、お尻の穴もピンク色でした。
そのお○んことお尻の穴を何度も往復して、舐めると、彼女から『あああああ、気持ちいい!』と言って、感じたので、クリトリスも触ってあげると、『ああああああ、そんなにしちゃうと、いきそうになるよ〜。』と感じまくっていたので、いかせてあげようと思った私は、さらに舐め続けてあげると『ああああ、いく。いく〜。』といってしまったのです。
最近のご主人とのエッチでは、ほとんどいっていなかったので、とても気持ちが良かったのでしょう。

トロンとした目をした彼女が『とっても、気持ち良かった。』と言って、またフェラをしてくれたのですが、彼女のフェラは、上手なので、ヤバいと思った私は、彼女を寝かせ、正常位で入れることにしたのです。
入れた瞬間、彼女から『あああああ、大きい!たまんない〜。』という声が聞こえ、さらに『もっと突いて!!』と言ったので、ガンガンに突いていると『かりが、当たる〜。ああああ、いい〜。いく〜。』とまたいってしまったのです。
彼女は、私のお○んぽがとても気に入ったみたいで、その後、騎乗位でも、いってしまうほどでした。
私も、彼女の声やお○んこの気持ちよさで、我慢できなくなり、バックの体位の時に、彼女の背中にザーメンを出してしまいました。
終った後、小さくなったお〇んぽを触りながら『今度は、いつ会えるの。』と言ってきた彼女。
その時の彼女の目は、恍惚の目をしていました。
その後、私たちは、セフレの関係となり、月に、3・4回、平日の昼間にエッチをしています。
東京都 30代 男性 会社員